リモートワークで、
世界を旅しよう。

WORXTRIP

CONTACT / SUBSCRIBE

ノマドワーク?ワーケーション?テレワーク?リモートワーク?そんなあなたへ

ノマドワーク、テレワーク、リモートワーク など、近年の働き方改革などで、

よく耳にするようになった言葉ですが、共通認識がない場合には誤解や混乱を招いてしまうこともあります。

そこで今日は、ここでは類似する言葉を整理した上で、それぞれについて説明したいと思います。

ノマドワーク(nomad work)って?


ノマドとは英語で「nomad」、本来は「遊牧民」や「放浪者」を意味する言葉です。
ただ近年は「定住地を持たず移動しながら暮らす人」という本来の意味から派生して、
時間と場所にとらわれずに働く人、もしくはそういった働き方」として使われています。
また、上記のように働く人を「ノマドワーカー」と言ったり、「ノマドする」のように動詞として使用したりすることもあります。
今から10年以上前、フランスの大統領補佐官を勤めた経験もある経済学者ジャック・アタリは著書「21世紀の歴史」(2006年発刊)
の中で、ノマドという言葉を使って「インターネットの発達によりクリエイター階級が時間と場所にとらわれず活躍する時代がくる」と解説しています。
現代は、まさにこの予言通りの時代が来ていると言っても過言ではないでしょう。
日本でノマドの概念が世間一般に広く認知され出したのは2010年前後で、ベストセラー「レバレッジシリーズ」
で有名な本田直之氏や、情熱大陸にも出演した安藤美冬氏がノマドブームの火付け役となりました。
ノマドという言葉ははるか昔から存在していたものの、
その存在や働き方が注目され出したのはインターネットが急速に発達してきたここ10年前後なのです

 

ノマドワークの定義

ノマド(ノマドワーカー)の定義は、先ほど解説した通り「時間と場所にとらわれない働き方」(そういった働き方をしている人)です。
この条件に当てはまれば仕事の内容に関わらず、誰でもノマドと言って差し支えないでしょう。
例えば、会社員であっても、その日の出勤が義務づけられていなければそれはノマドとなります。
しかし、現実にそうした働き方が可能な職種は限られています。
そのため、世間一般ではパソコン1台持ってカフェで仕事をしたり、
旅行中の飛行機や電車の中で仕事をしたりすることが可能な、
ライターやデザイナーなどの個人事業主をノマドと呼ぶ傾向が強いです。
また、よくノマドと混同される「フリーランス」ですが、
こちらは「自分のスキルで企業や個人と契約を交わし仕事をする人」のことです。
フリーランスの中にはノマド的な働き方をしている人もいれば、オフィスに常駐する人もいるため、
「ノマド」=「フリーランス」とは必ずしも言えません。
簡単に言ってしまえば、ノマドは主に働く場所や時間が自由、フリーランスは主に働き方が自由、ということです。

ワーケーション(work vacation)って?

ワーケーションとは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、
旅先で休暇を楽しみながら、テレワークも行う働き方を言います。
欧米で広まりつつあるスタイルで、休暇に仕事を組み込むことで、長期の休暇を取りやすくなるメリットや、
業務終了後はレジャーを楽しみリフレッシュし、業務への新たな活力へつなげることなどが期待されます。

以前ワーケーション について記事を書いたのでそちらもご覧ください。

引用:海外リゾートでリモートワーク!ワーケーション って?

テレワーク(tele work)って?


「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語 テレワークは働く場所によって、
自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の
3つ分けられます。

・在宅勤務自宅にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話、ファクスで連絡をとる働き方。
・モバイルワーク顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方。
・サテライトオフィス勤務勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方となります。

 

テレワークの定義

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。
ノマドワークとは少し違って、少子高齢化対策や、経費削減、営業効率の向上と言ったように、
主に企業や企業勤めの方に用いられる言葉ですね。

リモートワーク (remote work)って?


リモートワークとは、言葉通りの意味では「遠隔で働くこと」に他なりませんが、
イギリスのケンブリッジ辞典では、より細密に「従業員が自宅を主として働き、
Eメールや電話を使って企業とコミュニケーションを取る状況」を指すと定義しています。
また、1978年から発刊の歴史をもつロングマンのビジネス辞典では、
「従業員が、職場にあるシステムに接続されたコンピューターを使用しながら、自宅から会社のために働く状況」
とされています。
「リモートワーク」とはどのようなワークスタイルを意味するのでしょうか?
おそらく、多くの人はこの言葉に対して「離れた場所で働く」というイメージを持っていると思います。
しかし、「離れた場所で働く」といっても、その働き方は様々です。
例えば、大企業の地方支社で本社チームと働く人もいれば、フリーランスでクラウドソーシングサイトを介して
依頼者のために働く人もいます。
ここまで読んで頂けたらわかっていただける通り、テレワークとリモートワークの違いは非常に曖昧です。

 

テレワークとリモートワーク の違いって?


「テレワーク」という言葉の生まれた背景は、1970年代まで遡ります。
当時、アメリカ・ロサンゼルスでは自動車による大気汚染が大きな問題となっており、
二度に渡る石油危機も起こったことから、これらの問題解消を目的として、
自宅にいながら仕事をするスタイルとして導入されたと言われています。
日本では、1984年に日本電気(NEC)により吉祥寺にサテライトオフィスが作られ、
これが日本で初めて「テレワーク」が導入されたと事例とされています。
当時、日本電気(NEC)の本社は東京都 港区六本木にありましたが、
結婚や出産を機に女性が退職してしまうことが多く、この状況に歯止めをかけるために郊外に
サテライトオフィスを設けました。
1984年というのは、まさに日本においてインターネットが始まった年です。
1人につき1台のパソコンが割り当てられた働き方も、当時、斬新な働き方として注目を集めました。
その後、21世紀に入ると女性の雇用機会のためだけでなく、将来的に日本が少子高齢化になることが危惧され、
多くの人が働くことができるよう、在宅でも仕事のできるテレワークが広がっていきました。
このように、「テレワーク」とは「出社の負担を減らすことが目的の働き方」と言えるでしょう。
一方、リモートワークに関しては、この言葉が使われるようになってから日も浅く、
語源や定義も明確になっていません。

なので、テレワークとリモートワークの違いは単純に呼び方が古いか新しいかの違いだけと言うことになりますね。

 

まとめ

ご覧いただいた通り、類似する言葉ですが少し意味が違うので、

前文でも書きましたが、共通認識がない場合に誤解や混乱を招いてしまうケースもありますので、

その場に応じて使い分けが必要だと思います。

CONTACT / SUBSCRIBE

お問い合わせ・お申し込み

お問い合わせ・ご質問はこちら